【岡山在住の方へ】DIYで行う外壁塗装の補修についてご紹介します

「外壁塗装の補修はDIYでできるのかどうか知りたい」

このような方はいらっしゃいませんか?

年数が経つと、どうしても外壁の汚れやひび割れなどが目立ち始めます。

外壁塗装の補修を行う際には、業者の方に依頼するのがオススメです。

しかし、ひび割れや色落ちが小さい場合や、できるだけ安く抑えたい方は、DIYで行うという選択肢もあります。

ここでは、補修のDIYが持つメリットやデメリットを、業者に頼んだ場合と比較してご紹介します。

□外壁塗装の補修をDIYで行う

*DIYのメリットとは

補修をDIYで行った際の大きなメリットとして、業者の方に依頼した場合よりコストを抑えられる点が挙げられます。

また、すべての作業を自分で行うため、知らない人が敷地内に入ってくるストレスは感じにくいでしょう。

業者との間のトラブルは、そもそも発生しないといった点もメリットとして挙げられます。

手の届くような場所の、小さな傷や汚れはDIYで補修可能なので、コストを抑えたい方にはオススメです。

*DIYのデメリットとは

DIYはすべて自分で行うため、どうしても業者の方よりも見栄えが劣ってしまう可能性は高いです。

作業も業者の方並みにスムーズにはいかない可能性が高く、工期は長めになってしまうでしょう。

また、低位置の補修ならまだしも、高所の補修は危険が伴います。

高所の補修を行う際には、足場の組み立てが必要となり、組み立ては業者に依頼することになるでしょう。

そのため、高所の補修をDIYで行うことはあまりオススメしません。

□外壁塗装の補修を業者に依頼する

*業者に依頼した場合のメリットとは

業者に依頼した場合、プロの方が補修してくれるため、仕上がりは非常に良いです。

自分が何かすることもないため、けがの心配はなく、DIYに比べ工事が楽に済み、工期も短めでしょう。

高所での作業が必要になる場合は、危険を考えると業者の方に依頼することをオススメします。

□まとめ

この記事では、外壁塗装の補修をDIYで行う場合と、業者に依頼した場合についてご紹介しました。

DIYで行う場合は、コストは低くなりますが、仮に失敗してしまう可能性も考えられます。

反対に業者に依頼することで、きれいな仕上がりを確実に提供してもらえるでしょう。

もしDIYで補修するか、業者に依頼するか迷っている方には、業者に依頼する方をオススメします。

当社は、岡山を中心として塗り替え・リフォームのサポートを手厚く行っております。

岡山で塗り替え・リフォームをお考えの方は、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です