岡山で外壁塗装をご検討中の方へ!やり直しを行うケースをご紹介します

岡山で外壁塗装をご検討されている方の中に、塗装をやり直すことができるのか不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外壁塗装は決して安価にできるものではないため、トラブルは避けたいものです。
ここでは、外壁塗装のやり直しが発生する理由と、やり直しをする際の追加料金についてご紹介します。

□よくあるやり直しの理由とは?

外壁塗装においてやり直しの理由は様々です。
どのような理由があるのか、ここで確認しておきましょう。

まず、よくある理由の1つ目として、塗り残しがあることが挙げられます。
外壁の前にどうしても動かせないものがある場合は、注意しておく必要があります。

2つ目に、塗装にムラがある場合も考えられるでしょう。
塗装は人の手によって行われるものであるため、多少のムラが発生することは避けられないかもしれません。
気になるムラがある場合は、はっきりと業者に伝えるようにしましょう。

3つ目の理由として、外壁に不具合が生じている場合は塗装のやり直しをする必要があります。
下塗りで手が抜かれていたり、モルタルが不均等な厚さで塗られたりしていたら、施工後数ヶ月でひび割れが発生してしまう可能性があります。
塗装後すぐに外壁に不具合が生じてきた場合は、塗装をやり直す必要性が出てくるでしょう。

□工事はやり直せる?

塗装工事は、決して安価なものではありません。
やり直しが必要な場合、費用は業者が負担するのでしょうか、それとも施主が負担するのでしょうか。
実は、やり直し費用の負担者は状況によって変わってくるのです。

まず、基本的に業者によるミスの場合は業者負担でやり直しができるでしょう。
例えば、室外機を外さずに塗装を行い、裏側に塗料が塗られていない場合など、業者側に過失がある場合は無償でやり直しができることが多いです。
しかし、この部分の対応は業者によって異なる場合もあるので注意しておく必要があります。

施主の都合でやり直しを依頼する場合は、施主がやり直し費用を負担するケースが多いです。
例えば、希望のイメージが変わって塗り直しをしたいというケースが考えられます。
また、仕上がりを見てみたらイメージしていた色合いと違ったという場合も施主が費用を負担することになるでしょう。

色見本やカラーシミュレーションを参考にしていたとしても、このようなことは目の錯覚によってよく起こります。
色選びで失敗したくないという方は、施工会社が開催するイベントなどに参加して、入念に準備をすると良いでしょう。

□まとめ

塗装のやり直しは、イメージの色と異なる場合や外壁に不具合が生じている場合など、様々な理由によって行われます。
やり直しは施主の都合なのか、それとも業者の過失なのか、状況によって費用の負担者は変わります。
トラブルに巻き込まれないためにも、このようなポイントには注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です