岡山で外壁塗装をお考えの方へ!ローラー工法についてご紹介します

外壁塗装を行う際に、様々な工法があることをご存知でしょうか。
これらの特徴を把握しておくことで、トラブルを避けられるかもしれません。
今回は、岡山で外壁塗装をお考えの方に向けて、ローラー工法についてその特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

□ローラー工法とは?

外壁塗装を行ったことのない方でも、その工事現場を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
そのような方にとっては、どのような工法があるのか簡単にイメージできるかもしれませんね。

塗装方法は主に3種類あります。
今回ご紹介するローラー工法や吹き付け塗装、さらに刷毛を使用した塗装などがあるでしょう。
これらは状況によって使い分けられます。
今回は、その中のローラー工法についてご紹介します。

ローラー工法とは耐水性のある紙や、動物の毛、合成繊維を円筒に巻き付けているローラーを使用して塗装を行う方法です。
ローラーにも様々な種類があり、太さや毛足の長さによって塗装した感じは変わるでしょう。
長毛タイプでは凹凸を塗りやすくなりますし、短毛タイプを用いる場合は滑らかな壁に塗りやすいです。
一方、中毛タイプは万能型で様々な壁に用いられます。

□ローラー工法のメリット・デメリットとは?

毛やスポンジ状のローラーに塗料を染み込ませて塗装を行うローラー工法ですが、この塗装方法にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
ここで確認しておきましょう。
まずメリットについて解説します。
この方法では機械を使用しないため、スプレーを使った吹き付け工法などに比べると音を抑えられるでしょう。
また、塗料が飛散することも少ないです。

そのため、近隣の方への影響を考えると、ローラー工法は適していると考えられるでしょう。
またこの他にも、ローラーは広範囲に塗ることができるといったメリットがあるでしょう。
次にデメリットを解説します。
この工法では、膜に厚みが出るため、乾燥に時間がかかります。
そのため、乾燥時間を十分にけ設けようとすると、作業に時間がかかることに注意しておきましょう。

□まとめ

外壁塗装には様々な種類がありました。
その中でもローラー工法は動物の毛や耐水性のある紙、合成繊維などを巻き付けたローラーを用いて塗装を行う工法です。
飛散しにくく、音がしないため、近隣に対する影響は少ないといったメリットがあります。
しかし、乾燥時間が長いといったデメリットもあるので注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です