岡山で外壁塗装を検討している方へ!吹き付け工法についてご紹介します

外壁塗装は様々な種類の工法を駆使して行われます。
それらの工法にはそれぞれ特徴があり、状況によって使い分けられます。
ここでは、岡山で外壁塗装をお考えの方に向けて、吹き付け工法についてご紹介します。
外壁塗装の工法について詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

□吹き付け工法とは?

外壁塗装には様々な工法が用いられますが、ここでは吹き付け工法についてご紹介しています。

吹き付け工法とはその名の通り、塗料を外壁に吹き付ける工法です。
吹き付け工法には、スプレーガンという機械が欠かせません。
スプレーガンには様々な種類があり、塗料の種類や模様の付け方によって、使い分けがされています。
スプレーガンを用いて、圧力をかけ、壁面に塗料を噴射していくのですね。

吹き付け工法は、一般的にモルタル外壁に用いられることが多いです。
モルタル外壁は、水とセメント、砂が混ざったモルタルが外壁の下地として利用されています。
モルタル外壁の住宅が主流であった1980年代頃に、吹き付け工法は広く施工されていました。

□吹き付け工法のメリット・デメリットとは?

ここでは、吹き付け工法のメリット・デメリットを確認していきましょう。

施工時間が短いことは、吹き付け工法のメリットの1つです。
スプレーガンを使うため、工場や倉庫といった広範囲の塗装においても短時間で効率的に施工を行えるでしょう。
ローラー工法では塗り残しが出やすいため、その分手間がかかってしまいますが、吹き付け工法ではその心配もありません。
スプレーガンを使えば、細かいところまで一気に塗料を噴射できますね。

施工時間が短く、人件費が抑えられるため、比較的低コストで施工できるケースが多いです。

また、凹凸のある立体感を表現できるポイントも、吹き付け工法のメリットと言えるでしょう。

ただし、吹き付け工法には飛散が多いというデメリットがあります。
そのため、他の場所に塗料がかからないように、広範囲に養生をする必要があります。
また、飛散が多いということは、塗料に無駄が発生しているということです。

機械を扱うことから、これを騒音に感じてしまうこともあります。
吹き付け工法をするときは、近隣住民に迷惑をかけないように注意したいですね。

□まとめ

吹き付け工法では、スプレーガンを用いて外壁に塗料を噴射して塗装します。
そのため、騒音が発生し、広範囲に塗料が飛散してしまうのですね。
一方、施工が早く終わり、凹凸感を演出できるといったメリットがあります。
このようなメリット・デメリットをしっかりと押さえた上で、外壁塗装を依頼することが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です