岡山で外壁塗装をご検討中の方へ!外壁の隙間に注意しよう!


住宅は時間が経つと劣化が進みます。
汚れや白い粉が残ったりといった劣化現象がみられる可能性があるでしょう。
そのような劣化の中で、隙間ができる場合があります。
そこで今回は、岡山で外壁塗装をお考えの方に向けて、外壁の隙間についてご紹介します。

□隙間の種類とは?

外壁に隙間がある場合は、劣化によるもの以外の種類があります。
では、どのような種類のものがあるのかここで確認しておきましょう。

まず湿気を逃がすための隙間です。
サイディング外壁の住宅において、つなぎ目にわずかな隙間が空いている場合があります。
外壁塗装を行ったばかりの家であれば、このような隙間をあえて設けることで湿気を逃がしているケースが考えられるでしょう。

次にコーキングにできた隙間です。
コーキングとは外壁同士のつなぎ目に打ち込むゴム状のものを指します。
これは家を長持ちさせるために重要な役割を担っているものですが、この部分に隙間がある場合は危険な状態かもしれません。
この部分は防水の役割を担っているため、水が浸入すると劣化が早まってしまうことがあります。

最後にひび割れによるものです。
この場合は、劣化が進んでひび割れが起きている状態のことを言います。
この場合も放置しておくと危険な状態と言えるでしょう。

□隙間の対処方法とは?

意図的でない隙間の場合は早めの補修と塗装が重要なポイントです。
そこで、具体的な方法を見ておきましょう。

まずはコーキングの隙間における対処方法です。
この場合は基本的にコーキングを交換し、その上から塗装を行います。
塗装の効果が効いているうちは紫外線から保護してくれて、その分コーキングは長持ちするでしょう。

次に浮きや反りによる隙間の対処方法です。
サイディングの浮きや反りが発生していた場合には、その程度によって対処方法が異なります。
手で押して戻るような浮きの場合はビス打ちをしたうえで塗装を施しましょう。
一方、押しても戻らないほどのものは無理に押し込めないので、サイディングの部分張替えを行います。

補修が終わったら、塗装作業で完了です。
このような塗装は見た目の問題と、今後の反りを防ぐ役割があります。

□まとめ

外壁の塗装の種類には劣化以外にも、湿気を防ぐためのものなどがあります。
劣化によって隙間が発生している場合は、早めに補修し塗装を行いましょう。
その対処方法も、コーキング部分やサイディング部分によって変わります。
プロに任せる場合においても、色々な方法を確認しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です