岡山で外壁塗装をお考えの方!窓枠の塗装を行うメリットを紹介します


外壁塗装を定期的に行うことで住まいを長持ちさせられます。
外壁や屋根の塗装を行う際に、樋や雨戸などの細かい箇所も同時に塗装を行うのは一般的でしょう。


そこで今回は、その中でも窓枠の塗装について塗装をご検討の方へご紹介します。

□窓枠の塗装とは?

窓枠は基本的に木製や鉄製、アルミ、樹脂といった種類のものがあります。
これらの素材は外壁で用いられるものとは異なるものですが、外壁と同様に汚れやひび割れといった劣化現象が起きます。

例えば木製サッシの場合、水分を吸収しやすく、湿度によって変形しやすいです。
また、紫外線によって色あせが発生することもあるでしょう。
さらに樹脂製サッシの場合においても、紫外線によって色あせやひび割れが起きます。

このサッシ部分に使用される耐久性の高い金属や樹脂において、従来ではこの窓枠を新しいものに取り換えることでリフォームを行っていましたが、家のすべての窓枠を交換するとなると、窓の数だけ交換費用が発生します。

しかし、経年劣化による、汚れや色あせなどが、やはり気になってしまうケースもあります。

□窓枠の塗装のメリットとは?

このような背景をもつ窓枠塗装ですが、アルミや樹脂素材の場合、必ずしも再塗装が必須とも言えません。
しかし、塗装した方が良いケースは多くあります。

そこでサッシの塗装のメリットについてここで押さえておきましょう。
まず、傷や汚れが目立たなくなるといった点です。
一部分の傷や汚れの場合、交換より塗装を行った方がコストを抑えられるといったことがあるでしょう。

次にデザインを変えられるといった点です。
窓枠は補強以外にも「雰囲気を変えたい」「サッシの色を外壁に合わせたい」などデザイン
の観点から塗装を行うケースもあるでしょう。

最後にアルミサッシを保護できるといった点です。
アルミサッシはよくサビが発生します。
このサビは白サビと呼ばれるもので水分によって発生しやすくなります。
塗装を行い、水分から保護するすることで、この対策にもなるでしょう。

□まとめ

窓枠をリフォームする際、従来は交換という形をとっていました。
しかし、最近になってサッシに塗装できる塗料が開発され、塗装技術が上がったことで窓枠の塗装も可能になりました。
窓枠塗装には様々なメリットがあるので、外壁塗装をお考えの方は合わせて検討してみるのも手ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です