岡山で外壁塗装のお考えの方へ!養生の目的と注意点を紹介します


外壁塗装をご検討されている方で、「養生」という言葉を見たり聞いたりしたことがある方は多いかもしれません。
しかし、これがどのような作業を指し、どのような点に注意する必要があるのか、把握している方は少ないでしょう。
そこで今回は、外壁塗装をお考えの方に向けて、養生についてご紹介します。

□養生とは?

まず養生とはどのような作業で、どのような目的で行うものなのかここで把握しておきましょう。
塗装作業ではハケやローラー、スプレーを用いますが、必ず塗料が施工箇所の周囲に飛び散ります。
その際に塗料が付着するのを防ぐためにビニールで覆う作業を養生と言います。

外壁塗装で用いられる塗料は一度付着してしまうと、簡単に落とせません。
そのため、塗装を始める際には建物の細かい場所にまでしっかりと養生が行われます。

基本的に養生作業の目的は、指定された箇所以外の塗料の付着を防ぐことにあります。
しかし厳密には3つの目的に分けられます。

1つ目は、部位ごとの塗り分けを行うといった目的です。
玄関ドアや窓サッシの付帯部は塗装が行われないこともあれば、後で塗装するケースもあります。
このような細かい塗り分けを行う際に、養生を行うことで、施工ミスを防げるでしょう。

2つ目は養生によって綺麗な線を引く目的です。
マスキングテープによる養生によって、まっすぐな線を引くことができ、細部塗装時のムラも防げるでしょう。

3つ目は塗料の飛散によって、近隣の住宅や車に付着するのを防ぐ目的です。
吹き付け塗装を行う際は特に、風によって近隣の住宅まで飛散する恐れがあるので注意が必要です。

□養生における注意点とは?

塗装工事において重要な役割を持つ養生作業ですが、快適に工事を行うためにもあらかじめ注意点をいくつか押さえておきましょう。

まず、養生中は窓が開けられなくなるといった点です。
これは窓全体をビニールで覆うためです。
養生がされると自由に窓の開閉ができないため、換気などを行いたい場合は事前に業者に連絡を入れるようにしましょう。

次に植物の長期間養生は枯れる原因になるといった点です。
これは一般的に酸素や日照が足りなくなるためと考えられます。
そのため、大切な植木や鉢植えは事前に業者にご相談ください。

□まとめ

養生作業は施工ミスを防ぐためにも、塗り分けを行うためにも重要な役割を持ちます。
一度付着した塗料はなかなか落ちにくいので扱いには十分注意が必要です。
養生中は窓の開閉が自由にできないといった点や、植物の枯れる原因になる点をあらかじめ把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です