外壁塗装の色褪せの原因とは?岡山の専門家がご説明します!

岡山で外壁塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、外壁の色褪せについてです。
住まいの外壁は、時間の経過とともに必ず色褪せていきます。
では、その色褪せを解消するためには何をすれば良いのでしょうか。
この記事では、外壁が色褪せる原因と色褪せ解消のためにすると良いことをご紹介します。

□外壁が色褪せる原因について紹介!

外壁はなぜ色褪せてしまうのでしょうか。
色褪せが起きる主な原因は2つあります。
ここでは、その2つの原因について詳しくご説明します。

1つ目は、紫外線によって色素が変化することです。
外壁は紫外線を浴び続けることによって劣化し、色褪せを起こします。
色を構成する原子が太陽光によって破壊され、色味が変わってしまうからです。
また、原子の種類によって紫外線への強さが異なるため、塗料の種類によって色褪せのしやすさに差が出てきます。

2つ目は、化学変化による変質です。
わかりやすい例として、外壁の材質が金属の場合を考えましょう。
この場合、酸化などの化学変化によって色が変わってしまうことで、色褪せたように見えてしまいます。

□外壁の色褪せ解消のためにすると良いこととは?

外壁の色褪せを解消するためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。
ここでは、色あせを解消するためにすると良いことを3つご紹介します。

1つ目は、塗り替えを行うことです。
色褪せてしまった外壁は、塗装し直すことで元通りになります。
新築または前回の塗装から10年以上経過している場合、色褪せが生じている可能性が高いでしょう。
このような場合には、塗り替えを検討する必要があります。

2つ目は、劣化しにくい塗料を選択することです。
塗料の種類は、色褪せのしやすさに大きく関わります。
塗料にはさまざまなタイプがありますが、どのような種類でも、塗膜が劣化してくると色褪せが生じてしまいます。
そのため、あらかじめ劣化しにくい塗料を選んでおけば色褪せが生じるまでの期間を伸ばせるでしょう。

3つ目は、劣化しにくい色を選択することです。
外壁の色によって色褪せやすさが変わってくるため、劣化しにくい色を選べば色褪せの進行を緩やかにできます。
劣化しにくい色については、塗装会社の専門家に相談してみると良いでしょう。

□まとめ

外壁が色褪せる原因と色褪せ解消のためにすると良いことをご紹介しました。
解消法として、塗り替え、塗料と色選びの3つがあることがおわかりいただけましたね。
外壁塗装をお考えの方は、上記のことを参考にして納得のいく外壁塗装を実現しましょう。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です