屋根塗装ってどのタイミングで行えば良いの?岡山の専門家が解説します!

岡山で屋根塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、塗装工事を行うタイミングです。
どのタイミングで行えば良いの分からずお困りの方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、屋根塗装を行うタイミングについて詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

□屋根塗装を行うのに最適なタイミングとは

屋根を塗装する場合、どのようなタイミングで行えば良いのでしょうか。
一般的には、10年が目安だと言われています。
しかし、実際には一概に10年であるとは言い切れません。
同じ塗料を使ったとしても、外壁と屋根で耐用年数が異なってくるからです。

では、なぜ外壁と屋根で耐用年数が異なるのでしょうか。
外壁に比べて、屋根の方が雨風や紫外線にさらされる時間が長くなります。
そのため、外壁に使えば耐用年数が10年の塗料でも、屋根に使うとそれよりも短くなってしまうのです。

このことから、屋根塗装を行うタイミングの目安としては、8年程度を想定すると良いでしょう。

□屋根塗装を行うと良い劣化のサインとは

屋根塗装を行うタイミングは、屋根に現れた劣化のサインによっても判断できます。
では、どのようなサインを見つけた場合に屋根塗装を行えば良いのでしょうか。

ここでは、そのサインを劣化の段階別にご紹介します。

まず、すぐに補修が必要な段階に見られるサインとして、瓦の滑落、釘抜け、棟板金の浮き、漆喰の剥がれが挙げられます。

瓦の滑落や漆喰の剥がれを放置すると雨漏りの原因になってしまいますし、釘抜けや棟板金の浮きを放置すると、最悪の場合下地材がむき出しになってしまうこともあります。

次に、すぐに行う必要はないが、早めの補修が必要となるサインとして、コケやカビの発生、瓦の反りやひび割れが挙げられます。

コケやカビの繁殖を放置すると屋根の耐久性が下がり、雨漏りが発生してしまいます。
また瓦の反りを放置すると、小口から雨が侵入し、雨漏りの原因となってしまいます。

最後に、今すぐに補修を行う必要はないものの近いうちに補修をした方が良いサインとして、屋根材の色褪せが挙げられます。

屋根材の色褪せは、上記で紹介したサインと比べると緊急性が低いと言えます。
しかし、あっという間に症状が進行するケースが多々あるため、注意が必要です。

□まとめ

今回は、屋根塗装を行うタイミングについて詳しく解説しました。
屋根塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です