岡山にお住いの方へ!外壁塗装のムラの対処法を紹介します!

外壁塗装をお考えの方で
「塗装の際にムラができたら嫌だな」
「どうしたらムラを対処できるかな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
初めて塗装する方は特にわからないことが多いでしょう。
そこで今回は、塗装の際にムラができる原因について、対処法と併せて紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

□塗装の際にムラができる原因について紹介!

皆さんは塗装をする際になぜムラができると思いますか。
ここではムラができる4つの原因について紹介します。

1つ目は、塗装は人の手で行われることが多いためです。
現在はローラーを使用して均一に塗料を塗布していくため、どうしてもムラができてしまいます。
また、ムラにも度合いがあり、ムラがひどすぎると防水力の低下や保護の機能そのものが欠けてしまうことがあるでしょう。

2つ目は、塗装業者の知識不足によるものです。
知識不足が明確に現れるムラとしては、吸い込みムラが挙げられるでしょう。
吸い込みムラというのは、塗料が外壁に吸収されすぎた結果、均一な仕上がりでなくなってしまう現象を指します。

3つ目は、下地が透けて見えることが原因となるケースです。
外壁塗装を行う際には最低3回塗りが必要になりますよね。
しかし、その工程で塗料選びに失敗したり、塗装ミスをしたりしてムラが発生してしまうこともあるのです。
特に、違う色の塗料を使用するとムラが発生しやすいです。

最後は業者側の手抜きによって生じるムラです。
1つ目で紹介したように、ムラが生じることはしょうがないことでもあります。
しかし、手抜き工事によって起こってしまうムラもあるのです。
また、手抜きだけでなく、知識不足だと起こりやすいでしょう。

□ムラの対処法とは?

上記ではムラの原因を紹介しました。
ここでは対処法について3つ紹介します。

1つ目は、ご自身でも塗装箇所を確認することです。
業者を頼るだけでなく、ご自身でも意識して一通りの確認をすることをおすすめします。

2つ目は、できる限り早く業者にムラがあった際は相談することです。
一通りご自身で確認したら専門家である業者に相談しましょう。
これは足場を撤去してしまうとなかなか対応してくれなくなるためです。
したがって、なるべく早く相談することをおすすめします。

3つ目は、第三者機関に相談することです。
塗装業者に相談しても対応してくれない際は第三者機関に頼るのも有効でしょう。

□まとめ

今回は、ムラの原因と対処法を紹介しました。
ご自身でも確認してすぐに業者に相談することが大切でしたね。
岡山で外壁塗装を検討する際にこの記事を参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です