外壁塗装で雨が降った場合の対処法とは?専門家が解説します!

「外壁塗装はどんな天気でもできるのかな」
「雨が降っても外壁塗装ができるのか知りたい」
このようにお考えの方に向けて、雨が降った時の外壁塗装への影響について解説します。

□雨が降った時の外壁塗装への影響とは

雨が降った時の外壁塗装への影響は主に3つあります。

1つ目は塗装のクオリティが下がりやすいということです。
湿度が高い雨の日に塗装を行うと、塗料に雨水などの不純物が混ざりやすくなります。
結果的に、塗膜が十分に形成されずに光沢が出にくくなる恐れがあるのです。

塗膜が薄いと剥がれやすくなってしまったり、短期間でひび割れが発生しやすくなってしまったりします。
そうなると、次回の塗装までのスパンが短くなり、再塗装のための余分が工事費用がかかってしまうでしょう。

2つ目は工事の安全性を保証できないことです。
塗装工事では足場を組んで高所で作業をすることがあるため、雨の日に塗装工事を行うと危険性が増します。
いくら塗装の専門家とはいえ、晴れている日と比べて雨の日には工事で普段の実力を発揮できません。
塗料の性質の問題とはまた別で、塗装の仕上がりが悪くなってしまう恐れがあります。

また、塗装担当者が怪我をしてしまった場合工事を中断せざるを得なくなります。
そのため、かえって時間がかかってしまうかもしれません。

3つ目は工期が延びることです。
当然、工事に期間中の7日間から10日間ほどのうち、1日も雨が降らないことはあまりありません。

工期のスケジュールも何日かは雨が降ることを見越して立てるものです。
しかし、当初の想定以上に雨が続いた場合、どうしても工期が延びてしまいます。

外壁塗装工事では外壁の周囲に足場を組んだり養生シートを覆ったりします。
そのため、洗濯物を外干しできなくなるなどの生活上の制約があります。
お客様にとっても、いつまでも塗装工事が続くことはストレスになるでしょう。
工事が予定通りにできるだけ短期間で完了するためにも、降水量が多いシーズンは避けるのが無難かもしれませんね。

*対処法

シンプルですが、雨に対する外壁塗装の対処法としては、塗料が乾きやすい時期に工事を行うことが挙げられます。
また、雨の日の塗装にも対応可能な当社のような塗装業者にご依頼頂くことをおすすめします。
塗料がすぐ乾く夏や降水量が少ない冬のシーズンは理想的です。

□雨が降った時には外壁塗装は避ける

上記の通り、雨の日や雨が多いシーズンには外壁塗装を避けることが無難です。
天気予報とよく相談しながら、塗料が乾きやすい良い天気の日に塗装を行いたいものです。

塗装の担当者ですら悪天候での塗装作業は難しいです。
そのためDIYで塗装にチャレンジしようという方にとってはなおさら難しいでしょう。
梅雨の時期など降水量が多いシーズンに塗装を検討されている方はご注意ください。

素人が自力で塗装をしようとする場合、雨の日の対処法などで苦労すると思います。
特に塗料を乾かすための工程などは専門家ではないと厳しいです。

なお、当社ではたとえ梅雨の時期であっても対応可能ですので、どうしても梅雨の時期に塗装を行いたい方はぜひご連絡ください。

□まとめ

雨が降った時の外壁塗装への影響や対処法についてご紹介しました。
雨天や湿度が極端に高い時の外壁塗装はできるだけ避ける必要があります。
外壁塗装に関して何かお悩みがございましたら、お気軽に当社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です