岡山にお住いの方必見!外壁塗装の臭いについて紹介します!

外壁塗装を検討している方で
「外壁塗装の臭いの影響ってなんだろう」
このようにお考え方はいらっしゃいませんか。
塗料の匂いは有害なのか気になりますよね。
そこでここでは塗料の臭いの影響について紹介します。
外壁塗装後の換気が行えなくなる前に行っておくべきことと併せて紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

□塗料の臭いの体への影響とは?

結果から言うと、体への悪影響はあります。
厚生労働省からも様々な診断や対策を行うように義務付けるくらい塗装作業は危険な作業なのです。
特に、刺激臭を発するシンナーを長く吸いすぎると健康被害などを引き起こす可能性があるでしょう。

具体的な健康被害としては、吐き気やめまい、睡眠障害や頭痛、月経不順などが起こるでしょう。
その他にもさまざまな症状が引き起こるため、できるだけ塗料から発生する臭いを吸わないことが大切になりますね。
また、水性の塗料であるからと行って無害ではないので注意しましょう。

□換気できなくなる前に行っておくべきことについて紹介!

上記では塗料の臭いが人間の体に及ぼす影響について紹介しました。
ここでは外壁塗装を行う前に試しておくと良いことを2つ紹介します。

1つ目は、少しでも体に有害な臭いを防ぐために水性塗料を使用するということです。
水性塗料は希釈液に真水を使用していることから刺激臭がなくなり、臭いも溶剤塗料と比較すると少ないのです。
反対に溶剤塗料は希釈液に刺激臭の原因となるシンナーを使用することから、臭いがきついのです。
先ほども紹介したように、無害ではありませんが臭いが軽減されるため水溶性塗料で行うことをおすすめします。

2つ目は、工事中に家で過ごさないで済む工夫をすることです。
上記で紹介した通り、水溶性塗料を使用しても臭いが気になることはあります。
また、足場で囲まれている状態に耐えられないことも多いでしょう。

そこで工事中の家にいない工夫をすることも一つの手段ではないでしょうか。
例えば、塗装工事は大体の場合、9時〜16時に行われるため、その時間帯に家にいないようにスケジュールを調節するのも良いでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う際の塗料の臭いの影響と対策方法を紹介しました。
塗料の臭いは体にもよくないことがわかり、塗料の種類やその時間帯を避けることが重要となります。
外壁塗装を検討する際に、この記事を参考にしていただければ幸いです。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です