岡山にお住まいの皆さん!屋根塗装の必要性についてご説明します!

岡山にお住まいのみなさん、屋根塗装の必要性についてご存じですか。
屋根には定期的なメンテナンスが必要で、怠ると雨漏りなどの原因になってしまいます。
では、どのような場合に屋根塗装が必要になるのでしょうか。
この記事では、屋根塗装が必要になる理由とタイミングをご紹介します。

□屋根塗装が必要になる理由とは

屋根塗装はなぜ必要になるのでしょうか。
理由は大きく2つあります。

1つ目は、建物の美観を守るためです。
屋根は、外壁に比べて紫外線や雨風にさらされる時間が長く、時間とともに確実に劣化していきます。

劣化すると外観の見栄えが悪くなってしまうため、外観を美しく保つために屋根塗装が必要になるのです。

2つ目は、屋根の機能を維持するためです。
屋根が劣化すると、ひび割れやチョーキングが生じ、塗装の機能が失われていきます。
この状態で屋根を放置すると、雨漏りが発生したり冷暖房効率が低下したりしてしまうのです。

屋根そのものの機能を維持するためにも、屋根塗装が必要になってきます。

□屋根塗装が必要になるタイミングとは

ここまで、屋根塗装の必要性についてご説明しました。
では、どのようなタイミングで屋根塗装が必要になるのでしょうか。

屋根塗装を行うと良いタイミングは、劣化症状を基準として判断します。
ここでは、劣化の症状別にタイミングをご紹介します。

まず、瓦の滑落、棟板金の浮き、釘抜け、漆喰の剥がれが見られる場合は、今すぐに屋根塗装を行う必要があります。

瓦の滑落や漆喰の剥がれを放置すると雨漏りの原因になってしまいますし、釘抜けや棟板金の浮きを放置すると最悪の場合下地材がむき出しになってしまうこともあります。

次に、コケやカビの発生、瓦の反り、ひび割れが見られる場合はできる限り早めの塗装が必要になります。
今すぐとまでは言わないものの、できる限り早めに行動することが求められるでしょう。

コケやカビの繁殖を放置すると屋根の耐久性が下がり、雨漏りが発生してしまうからです
また瓦の反りを放置すると、小口から雨が侵入し、雨漏りの原因となってしまいます。

最後に、屋根材の色褪せが見られる場合は、様子を見て塗装を行いましょう。
屋根材の色褪せは、それほど緊急性の高い症状ではありません。
しかし、あっという間に劣化が進行することもあるため、注意が必要です。

□まとめ

屋根塗装が必要になる理由とタイミングをご紹介しました。
屋根塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です