岡山で屋根塗装をお考えの方必見!塗装工事で使う塗料の種類についてご説明します!

岡山で屋根塗装をご検討中のみなさん、塗装工事で使う塗料の種類についてご存じですか。
塗装工事では、使用する塗料の種類によって仕上がりが大きく変わってきます。
では、塗料を選ぶ際にはどのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。
この記事では、屋根用塗料の種類と選ぶ際のポイントをご紹介します。

□屋根塗装で使う塗料の種類とは

屋根塗装で使用する塗料には、どのような種類のものがあるのでしょうか。
ここでは、その種類を樹脂の違いに基づいて4つご紹介します。

まず1つ目は、ウレタン塗料です。
耐用年数が8年~10年ほどで、密着性や伸縮性が高いという特徴を持ちます。
比較的安価で様々な素材に使いやすいというメリットがある反面、耐候性が低く塗り替えスパンが早くなるというデメリットがあります。

2つ目は、シリコン塗料です。
耐用年数は10年~15年ほどで、色褪せや汚れに強いという特徴を持ちます。
メリットとして耐用年数と価格のバランスが良い点が挙げられる一方で、密着性が低い点やグレードに幅がある点がデメリットとして挙げられます。

3つ目は、フッ素塗料です。
耐用年数は15年~20年ほどで、汚れや色褪せに強いという特徴を持ちます。
耐候性が高く汚れや色褪せに強い点や、美しい光沢感が生じる点にメリットがある反面、金額が高いというデメリットがあります。

4つ目は、無機塗料です。
耐用年数は20年~30年ほどで、耐候性の強さが特徴です。
耐候性、不燃性が非常に強い点にメリットがありますが、一方で金額の高さがデメリットと言えるでしょう。

□屋根用塗料を選ぶ際のポイントとは

ここでは、塗料を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

まず1つ目は、外壁塗装と同等またはワンランク上のものを選択することです。
屋根は、外壁に比べて紫外線や雨風にさらされる時間が長くなるため、劣化のスピードが早くなってしまいます。
塗り替えスパンを伸ばすためには、グレードが高く耐久性の高い塗料を選ぶと良いでしょう。

2つ目は、ツヤのあるものを選択することです。
ツヤのないものを選ぶと、汚れが落ちにくくなったり耐久性が下がったりするからです。
ツヤありを選ぶことで、住まいの屋根を長く美しく保てます。

3つ目は、屋根材との相性を考えることです。
屋根材の種類によっては、使えない塗料が存在します。
住まいの屋根に適した塗料かどうか、念のため確認しておくことが大切です。

□まとめ

今回は、屋根用塗料の種類と選ぶ際のポイントをご紹介しました。
屋根塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です